Razer Blackwidow Ultimate 2014 stealth edition

を買ったんです。発売日当日に。使用感を書こうかなと思ってたが、いつもの悪い癖で思った瞬間達成した気分になって書いてなかったのと

少し遠出してて家を空けてたので書けなかったんです。(言い訳)

まぁそんなこんなで感想でも書こうかな~って。書くネタがなくてドメイン料払ってるブログ放置するのもアレだし

 

実は2014が出る前から目をつけてたけれど、個人輸入しなきゃいけないめんどくささ(主に送料)があってなかなか購入に至りませんでした。

まぁそんなこんなで日本からも発売ということで、丁度いいので買ってしまおうという訳で2014verを買ったわけです。

購入したのはamazonで、正直どこで買っても一緒だから特に気にする必要なかったです。

届いてから感じたのは、重いって事

まぁそりゃ本体1kgほどあるらしいので重いのもしょうがないんですけれど…

この重さが実は重要で、自分のデスクはマウスパッドがデカすぎて引き出すテーブルからはみでてる状態で使用しているのですが

前に使ってた APEX[RAW] は案外軽かったので、マウスパッドがズレるズレる

LoLで一試合終わるごとに元の位置に戻して…を繰り返していました。FPSだとどのぐらいズレるのか考えると怖いかも。

変えてからはそういう事が殆どなくなったので重量って大事だなぁ…って変なところで思いました。

今回オレンジ軸が採用されたことで話題になっていますが、私が今まで使ってきたキーボードはすべてメンブレンだったので

どの軸がどうのこうの~と比べることが出来ません。ゴメンナサイ。

メンブレンからメカニカルに初めて変えたわけですが、Stealthをうたっているこのキーボードでさえ最初は打鍵音うるせえなって思ったぐらいです。

これがStealthEdition?もっと静かだと思ってたよ!っていうのが最初の感想

これでうるさいなら青軸はどんぐらい五月蝿いんだろうなぁ、とも思いましたがVCで青軸使ってる人のことを思い出したら微妙な顔になる感じ

青軸嫌いではないですけど、VCに声と共にのるのはダルいなぁ…と思うところ。

それをふまえて考えるとStealthEditionは静かな方なんだな~とかいう安易な考え。

慣れればこの打鍵音もかっこよく聞こえてくる。メンブレンとはなんだったのか。

キータッチとか諸々は、メンブレンよりキーが反れてて指先ぶつけて痛くならないか心配してましたがそんなの必要なかったです。

結構すぐ慣れるもので、軽いので大丈夫でした。

因みに、軽いから触ったつもりないのに別のキーに触ってたっていう事は私はなかったです。4gamerのレビューだと書いてあったんですけど。

後は全体なマット感がかなりイイ。でも手に油がついてたりすると一発で汚れて拭いても暫くそこに目立つ汚れが残って結構ムカつきます

変に神経質なのかわりかし気になって毎日ウェットティッシュでゴシゴシしてます(´・ω・`) ここだけあんまりオススメできない。

マットな部分を見る分にはいいんですけどね。 緑のバックライトもRazerらしくていいですね。

 

要約:バックライト大好き!テンキーもついててほしい!青軸以外のメカニカルキーボードほしい!Razer大好き!って人は買ってもいいのでは。

なかなか高いので踏ん切りが付かないかもしれませんが耐久度を考えると安いのではないのかな~と思います。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。